1. TOP
  2. 悩み
  3. デコルテに吹き出物が出来てしまった時の治し方!!

デコルテに吹き出物が出来てしまった時の治し方!!

 2018/06/11 悩み 美肌
  374 Views

デコルテ、胸にできるニキビや吹き出物に種類があるってご存知でしたか?
ニキビの種類によって原因も対処方法も違います。
間違ったケアは大切な肌にニキビ痕を残しかねません。
正しいケアでデコルテのニキビを防いでキレイなお肌でいましょう。

4種類のニキビ

「ニキビ」と言っても、進行状況に応じて症状は違ってくるんです。

そうなると、当然対処方法も違います。

1.毛穴が詰まっただけ! 初期段階「白ニキビ・黒ニキビ」

ニキビの初期症状は、塞がった毛穴の中に皮脂が溜まっている状態なんです。

お肌の表面をよく見ると、白くポツポツしたものが見えます。

これが「白ニキビ」と呼ばれるものです。

指先で触ってみるとわずかに小さなかたまりを感じます。

背中やデコルテにできた場合には自分でなかなか確認しにくいものです。

そのため、気が付きにくいのが厄介なところです。

この白ニキビが育っていくと、毛穴の内部の皮脂がさらに溜まりと行き場のなくなった皮脂が毛穴の表面を押し広げてそとに出ていきます。

そうなると、毛穴から出てきた皮脂に汚れが付着したりします。

そしてそのまま空気に触れて酸化して黒くなっていった状態のものを、「黒ニキビ」と呼びます

黒ニキビの段階まで進行すると鏡に映った時に、小さなほくろやシミのようになってくるので自分でも見えて確認しやすい状態になります。

白ニキビ、黒ニキビの段階だったら、まだ毛穴が詰まった状態なだけなので炎症は起こしていない状態です。

この段階ならまだ簡単に治るので、早めに処置をして肌を清潔に保つことを意識して、規則正しい生活を行い、ちゃんとしたスキンケアを心がければ、ニキビ跡になるまえに防ぐことができます。

2.炎症して痛みを感じる状態「赤ニキビ」

白ニキビと黒ニキビが悪化した状態、毛穴の内部にアクネ菌が繁殖すると炎症を起こします。

炎症を起こした状態を「赤ニキビ」と呼びます。

赤ニキビは赤く腫れ、痛みとかゆみを伴うんです。

この状態まで悪化してしまうと、ニキビがせっかく治っても跡になってしまう可能性があります。

赤ニキビになって、その存在に初めて気づく場合も結構あるんです。

これが背中やデコルテニキビの1番厄介なところとも言えます。

3.真皮にダメージを与えてしまう状態「黄ニキビ」

赤ニキビの炎症が強くなり、膿をもつまで悪化した状態が「黄ニキビ」と呼びます。

大きく腫れて結構、痛みも感じる状態になります。

黄ニキビは進行としては一番最後の状態にあり、真皮にまでダメージを及ぼす可能性があります。

そのため、せっかく治ってもクレーター状に陥没したりします。

ほかにも色素沈着を起こしてしまい、ニキビ跡が残る可能性が非常に高くなるんです。

背中のニキビのケアはどうしたらいいの?

なかなか自分では見つけにくい背中ニキビを改善したり予防したりすることは出来るのでしょうか。

また、どんなケアを心がけたらお肌の為になるのでしょうか。

まずは皮膚科へ行きましょう
背中にできたニキビが炎症を起こしてしまい、痛みやかゆみが強く我慢のできない時に、指で触ったり潰したりせずに、皮膚科を受診しましょう。

専門医の指導のもと、早めに治療をすることが一番大切になります。
あまり治療を先延ばしにしすぎてしまうと、それだけ悪化して治療も長引きます。

治療が長引くと、ニキビ跡が残る可能性も高くなっていきます。

また、白ニキビや黒ニキビのように炎症を起こしていないニキビの場合、毛穴に溜まった皮脂を取り除けば改善されます。

しかし、背中は手が届きにくく、無理な力を加えてしまう事があり、かえって悪化させてしまう事もあるので早めに皮膚科を受診することをお勧めします。

関連記事:背中ニキビが治らないあなたへ。汚い背中を綺麗にする7つの方法・裏技を紹介。

ニキビにはスキンケアも大事

販売元:プラクネ

対策としてはお肌を乾燥させないことです。
お肌が乾燥するとターンオーバーのサイクルが乱れてしまい、古い角質がいつまでも肌表面に溜まって角質を厚くしてしまいます。

そのため、毛穴が詰まりやすくなります。

背中ニキビを作らないために一番大事なことは、肌を乾燥させないようにしっかりと保湿することです。
背中、デコルテ部分を出来る限り清潔に保ち、保湿効果の高いアイテムでしっかりとケアして潤いを保ちましょう。

お風呂に入るときの注意点

入浴時には背中をゴシゴシ洗う洗い過ぎやシャンプーのすすぎ残しには気を付けてください。

ニキビの改善や予防のために、しっかり洗って清潔にしなくちゃいけない!!

そんな思いが強く、つい強くゴシゴシと洗ってしまいがちな方もいると思います。

しかし、強い刺激や摩擦でニキビを悪化させてしまったり、必要以上に皮脂を落としすぎる事で乾燥を招いてしまい、ニキビができる原因になってしまう事もあります。

体を洗う時には、柔らかい素材のものでお肌を傷つけないように、優しく丁寧にマッサージするように洗うことが大切です。

他にもシャンプーのすすぎの時、頭髪をしっかりと洗い流すことばかりに気をとられてしまい、背中に付いたシャンプーの洗い流しが疎かになっていることがあります。
背中にすすぎ残しがあると、汚れを含んだままのシャンプー成分が背中の毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因になってしまいます。

シャンプーをする際には背中も含め、体に付いたシャンプーをしっかり洗い流す事を心がけてください。
背中は自分では見えない部分です。

ケアも疎かになりがちですが、日頃からの生活習慣、スキンケア方法を見直ししましょう。

そして、美しい背中になれるように努力していきましょう。

専門医によるニキビ対策

ひどいニキビ跡の代表と言えば、デコボコとしたクレーター状のニキビ跡です。

このタイプは、赤ニキビのように炎症が激しく、お肌の奥深くの皮膚組織まで破壊がされるとなります。

胸に色素沈着したニキビ跡、デコボコのクレーター状のニキビ跡ができたら、どうしても人の目が気になるものです。
そんな時には、どうやって改善すればいいのでしょうか。
ここでは、ニキビ跡のタイプ別に、その対処法をご紹介していきたいと思います。

1.色素沈着した茶色のニキビ跡の改善方法

色素沈着したニキビ跡を自宅で改善したい!!

そんなあなたには美白化粧品やホームピーリングがお勧めです。

ピーリングによってターンオーバーを促せば、新しい皮膚に生まれ変わります。

時間こそかかってしまいますが、色素は年単位で薄まっていくんです。

フルーツ酸が含まれるものなど、市販のものでも十分ピーリングの効果は得られるんです。

石鹸やローションなど、さまざまな商品があります。

その中でも、刺激の強いものもあるので出来る限り慎重に選んで下さい。

使い方や頻度も、それぞれの商品の使い方に従って使うようにしましょう。

少しでも的確に早く改善したいのなら、漂白作用のある外用薬を専門医で処方してもらうのもお勧めです。

クリニック等で行うピーリングやイオン導入なども色素沈着を改善するのには効果があるので、気になれば専門医に相談してみましょう。

2.クレーター状になってしまったニキビ跡の改善法

クレーター状のニキビ跡になってしまったら皮膚科医に頼るほかに治す方法はありません。
自宅で治す事ができるものではないので、デコボコになった場合には皮膚科の専門医に相談しましょう。

クレーター状のニキビ治療には、フラクショナルレーザーなどを使用するそうです。

このレーザー治療は、皮膚に小さな穴を空けることができるみたいです。

その小さく空いた穴が治る過程で、皮膚のデコボコがだんだん目立たなくなっていく仕組みだそうです。

ただし皮膚の状態が目に見えて改善する為には、何回か照射が必要になります。

他にも、照射時の痛みを抑えるために麻酔クリームを塗る必要がある事と、照射後は腫れが見られることなどを理解しておきましょう。

レーザーの種類によって異なるのですが、腫れは数時間から数日で治るみたいです。
顔にあるニキビ跡であれば、術後すぐにメイクで隠したりできるので赤い腫れが気にならないですむかもしれません。

胸、背中、デコルテに関してはメイクなどで隠すことがなかなか難しいので、術後の肌の赤みが気になる場合はよく考えてから行ってください。

また身体に照射した場合には、色素沈着が強く出たり長引く可能性があるため、胸のニキビ跡に対してフラクショナルレーザーをあてることはそこまでお勧めする事ができません。

3.ニキビ跡には予防が大切

一度でもニキビ跡ができてしまうと、治療が大変になります。
小さいニキビであれば身体への負担は少ないかもしれませんけど、完治するまでにとても時間がかかり、治療へ通う手間がかかります。
なのでニキビが出来てしまったら、なるべく跡にならないようにケアを心がける事が大切です。
もしニキビがよくできるようなら、ピーリングの習慣をつけてください。

色素沈着したニキビ跡の改善にもとても役にたつピーリングですが、ニキビを予防する事にも役立ちます。

ピーリングは、皮膚にある古い角質を取ってくれる働きがあるんです。

毛穴に詰まった皮脂や古い角質が原因でニキビは出来るので、原因である皮脂や古い角質を毛穴から取り出せれば、ニキビを心配する必要はありません。

ピーリングをする時には、フルーツ酸が含まれた石鹸やローション等のピーリング剤を選んで使うようにしましょう。

市販のものだったら古い角質を剥がす酸の濃度が低いため、毎日行っても大丈夫です。

ただし、ヒリヒリした痛みがある場合や、赤みやかぶれなどが発生した際には、ピーリング剤の使用は控えるようにしましょう。
ピーリングは角質をとるため皮膚に乾燥感がでる場合があります。

そして、乾燥はニキビの原因にもなります。
ホームピーリングをする際には、保湿を忘れないことがとても重要です。

ピーリングに関しては、美容皮膚科などでも行ってる場所もたくさんあります。

専門医の判断のもとに行ってくれるので、ピーリングによるお肌へのダメージを最小限にできます。

自分で行うよりも安心安全にピーリングができますよ。

ピーリングはニキビができる前に、白ニキビや黒ニキビができた後にも行うことができます。

いままでピーリングを行ってこなかった人は、新らしくピーリングを習慣にしてもいいかも知れません。

まとめ

今回は、背中、デコルテの吹き出物やニキビについて、種類と専門医によるニキビ痕の治療をご紹介しました。

綺麗なお肌にニキビができると気になりますよね。
吹き出物は痕になると、とても厄介です。

ニキビに気づいたら、後悔する前に早めに対処しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ange Beaute アンジュボーテの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ange Beaute アンジュボーテの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 1カ月で−9㎝! グラマラススパッツの効果がとにかく凄かった!

  • ほくろを消すメイクテクニックと除去するメリットデメリット!

  • 意外と知らない?!顔の脂肪がつきやすい原因は普段の生活に隠れていた!

  • 知らないと損をする!太ももの前側が痩せない原因!!

関連記事

  • 顔の乾燥の原因は!? 乾燥に悩まなくなる7つの対策!!

  • ミュゼで脇の脱毛!!効果が出るまでにどのくらいかかるの??

  • すぐに試せる!肌荒れ以外にも効果のある睡眠の質の高め方!

  • 自分では見えない背中ニキビ! 意外と目立つ首ニキビ!!

  • エストロゲンを1か月で劇的に増やす方法!!

  • その背中の吹き出物、もしかしたら病気のサインかも?