1. TOP
  2. カラコン
  3. 慌てなくても大丈夫!カラコンが取れない時すぐに出来る3つの対処法

慌てなくても大丈夫!カラコンが取れない時すぐに出来る3つの対処法

カラコン
  612 Views

「カラコンが外れない…!」「外したいのにどこに行ったか分からない!」カラコンやコンタクトレンズを使う人なら一度は経験したことがありませんか?

今まさにそんな状況の人もいるかもしれません。
でも、慌てなくて大丈夫です。

ゆっくり落ち着いて対処していきましょう。
原因や予防の仕方、正しい取り扱い方と合わせてご紹介します。

慌てず、冷静に、落ち着いて

「カラコンが目の裏に入ったかも!」と焦っている方、それは目の構造上絶対にありえませんので安心して下さい。
目というのは眼球の表面とまぶたの裏側が繋がって、袋状になっています。
その部分は“結膜嚢”と呼ばれ、レンズが外れず行方不明の時はそこに隠れている可能性があります。
この結膜嚢は、左右と下側にはそんなにスペースはありませんが、上側にはある程度のスペースがあります。

その為、レンズが折りたたまって上側の奥に挟まっている、ということもあるようです。
レンズが白目から奥に入り込むことはまずありませんので、心配しなくても大丈夫です。
度ありのカラコンの場合、片目を隠してみていつも通り見やすいようであれば黒目の上にある可能性もあります。

絶対に無理にとることはしない

カラコンが外れないからといって力任せに剥がそうとしたり無理やり取ろうとすると、角膜を傷つけてしまうことになったり、カラコンの破れに繋がることもあるので絶対にしないで下さい。
破れてしまった場合、破片が目に残ってしまう恐れもありますし、慌てているからと汚れた手で触ることで目に雑菌が付着したり、ゴミや異物が目を傷つけたりして炎症を起こしてしまう可能性もありますので、まず落ち着いて手を洗い、よく拭いておきましょう。

レンズの探し方

鏡を見てゆっくりと目を上下左右に動かしてみる。
ゆっくりと静かに目を閉じて、目のどこに違和感があるのかを探る。
左右、下側にはなくても上側の奥に折りたたまった状態で挟まり、見つけづらくなっているかもしれません。

慌てず慎重に探してみて下さい。

探しても見つからない時は……

何度探してみてもどうしても見つからない……そんな時は自分でも気付かない内に落としているかもしれません。

ただし、症状がなくても目の中に残っている可能性もあります。
少しでも不安があれば念のため眼科を受診しましょう。

レンズが目に張り付いてしまったら

レンズの位置が分かったら、後は落ち着いて外していきましょう。
指に水分が残っていると外しづらくなりますので、手を洗ったら拭き取るのを忘れずに…。

目を潤わせて外す

まず、カラコンをしたままでもさせる目薬があれば目に1~2滴落とし、10秒くらい目を閉じて全体を潤します。
目薬がなければしばらく目を閉じ、涙で目を潤しましょう。
十分水分が行き渡ったら余分な水分を拭き取って下さい。
眼球でレンズが動くかどうか確認をしてみて、動くようであればいつも通りにレンズを外して大丈夫です。

レンズを浮き上がらせて外す

上のやり方で外れなければ、目を開けた状態でまぶたの上に人差し指をあててみて下さい。
するとレンズの縁にあたる箇所が確認できるはずなのでそこを軽く押さえ、目をゆっくりと耳側にずらす(左目の場合は左耳の方向へ)とレンズが浮き上がって外れやすくなります
カラコンが白目の方にずれて動かなくなってしまった時も同じやり方で外せます。

顔を水につけ、目とレンズの間に水分を入れ込む

それでも外れなかった…という方は洗面器などにたっぷりと水かぬるま湯を溜め、そこに顔をつけて水の中でまばたきをしてみて下さい。
こうすることにより水分が眼球とカラコンの間に入り込み、外れる可能性が高くなります。
この時、カラコンを両目にしている場合は両方でまばたきをしてしまうと左右がどちらか分からなくなってしまうかもしれませんので、片方ずつ行うようにして下さい。

無事に外れたらゆっくりとまばたきをして、目に痛みなどの異常が残っていないかきちんと確認をして下さい。

カラコンが外れなくなる原因は?

カラコンが突然外れなくなると焦ってしまいますよね。
同じことを繰り返さないために、きちんと原因を知って日頃から予防を心掛けましょう。

張り付いてしまう原因はずばり“乾燥”

現在日本の法律ではではハードコンタクトレンズのカラコンは認められていません。
その為日本で手に入る全てのカラコンはソフトコンタクトレンズとなります。
このソフトコンタクトレンズには水分が含まれており、これが目の水分を奪ってしまうことによって張り付いてしまうことがあるのです。
もちろんそれだけではなく、付けているときの環境(涙の量や外気の影響、カラコン自体の性能等)も関わってきます。

また、カラコンを付けたまま長時間一定のものを凝視し続けると、まばたきの数が減り、涙が瞳全体に行き渡らなくなる為目が乾燥してしまうことがあります。
装着時間が長いと水分が蒸発し、こちらも乾燥に繋がります。
このようにちょっとしたことでも目の乾燥、カラコンの張り付きに繋がってしまうため、1日数回、予防として人工涙液をさすのも効果的です。

カラコンを付けたままやってはいけないこと

湿気があるし…お風呂はOK?

「お風呂は湿気もあるし、目が潤うからいいんじゃない?」と思っている方は大きな間違いです。
お風呂は湿気もありますが熱もあり、この熱が目を乾燥させてしまうことがあるのです。
お風呂に入る前は必ずカラコンを外すようにして下さい。

目は開いてないし…長時間寝るのはOK?

「寝ている時の目は閉じたままだし、カラコンしたままでもいいでしょ?」と思いがちですが、寝ている間の目は閉じているつもりでも、眼球は動いています。
そもそも目の角膜というのは空気中の酸素を使って呼吸をしています。
しかしカラコンをした状態だと角膜の表面が覆われ、していない状態と比べると3分の1程度まで酸素の供給量が落ちてしまうのです。
そして角膜が酸素不足になってしまうと、目は傷つきやすくなり、様々な感染症を起こしやすい状態になってしまいます。
この酸素不足の状態のまま長時間寝てしまうことにより細菌が増殖し、目の表面の傷の他にもかゆみや異物感、アレルギー性結膜炎などを引き起こしてしまう恐れもあります。

少し怖いお話ですが、色々な症状が出ても改善しようとせず放置してしまうと、最悪の場合視界が悪くなり失明……なんてこともありえるのです。
1日の終わりというのは体が疲れているので早く休みたいでしょうが、それは目も同じです。
レンズを外してなるべくゆっくり休ませてあげましょう

日頃からカラコンは正しく取り扱いましょう

カラコンの扱いに慣れてくると、ついつい正しいやり方を忘れてしまいがちです。
次は慣れている人も初心者さんでも日頃から出来る正しい付け方・外し方をお教えしたいと思います。

取り扱う前に……

爪の長さを確認する
爪が伸びていると付け外しをする時にレンズを傷つけてしまう恐れがあります。
出来るだけ短くし、丸く滑らかな状態に整えて下さい。

手は清潔に
当たり前ですが手が汚れていると雑菌や細菌が目に入り込み感染症の原因となります。
指先、爪の間も丁寧に洗い、流した後は水分をきちんと拭き取って下さい。

レンズの表裏を確認する

レンズにも洋服と同じように表と裏があります。
これを間違えて着けたままにしてしまうと、目を傷つけてしまったりレンズがずれてしまったりしますので、付ける前に必ず確認するようにして下さい。
正しく表になっている状態・・縁が反らず、きれいなお椀型になっている。
裏返った状態・・レンズの縁がわずかに外に反ってしまっている。

正しいカラコンの付け方

1.目に異常が無いか確認をする
充血していたり痛みがある、又は目ヤニが出ていたりする時は付けるのを止めておきましょう。

2.開封し、指にのせる
利き手の人差し指にレンズをのせます。

この時、レンズに傷などがないかも確認して下さい。

3.鏡を見ながら目を開く
人差し指にレンズをのせ、そのまま利き手の中指で下まぶたを引き下げます。
そして反対の指で上まぶたを上げるのですが、その時まつ毛の生え際ごと持ち上げるようにするとレンズがまつ毛に触れず付けることが出来ます。

4.まっすぐ前を見たまま付ける
まぶたをしっかりと開いたままゆっくりとレンズを目に近づけ、優しく黒目にのせます。
この時、指で目を強く押したりしないよう気を付けましょう。

5.レンズと目を馴染ませる
レンズがちゃんと黒目にのったら指を離し、黒目の真ん中にきちんとのっているか確認をします。
付けた直後は目とレンズの間に空気が入り込んでいますので、ゆっくりとまばたきをし、レンズと目を馴染ませて下さい。
何回かゆっくりとまばたきをしてみてレンズが外れなければちゃんと装着できています。

6.目に違和感などが無いか最終確認
付けた後、数分経っても目に違和感が残ったり、痛みがあったりする場合はゴミ等の異物が付着している恐れがありますので、直ぐにレンズを外してください。

正しいカラコンの外し方

1.目を大きく開く
利き手じゃない方の手で下まぶたを引き下げ、レンズが黒目に乗っているかを確認します。

2.親指と人差し指でレンズを挟む
鏡をまっすぐに見てレンズの位置を確認し、利き手の親指と人差し指をレンズに近づけます。

3.怖がらずにまっすぐ前を見る
慣れていない内は目に指を入れるのは怖いと思いますが、ここで目をつぶったり、黒目を動かしたりしてはいけません。

鏡を見る際はあごを少しだけ引いて上目遣いにするとレンズの位置が分かりやすくなります。

4.レンズをゆっくりと、優しく外す
レンズに指が触れたら、そのまま少しだけレンズを黒目の下の方にずらして下さい。
絶対に爪を立てず、親指と人差し指で挟みそっと外します。
この時レンズが乾いて動かなければ無理に外そうとせず、コンタクト用の目薬をさして下さい。

5.完全に外れるまで目は閉じちゃダメ
レンズが完全に外れるまで下まぶたは引き下げたままにし、目をしっかりと開いておいて下さい。

6.異常が残っていないか確認
きちんと外れたら最後は目に充血や痛みなどの異常が残っていないか、ゆっくりとまばたきを数回繰り返して確認をしましょう。

最後に……

カラコンは今やおしゃれアイテムとしてなくてはならない存在ですが、それと同時に“目”という体の大切な部分に着けるものだということも忘れないで下さい。
雑に扱ったり、手入れを怠ったりすると必ず後悔することになります。
何かあった時のために、気軽に相談、信頼出来る眼科を探しておくことも大切です。
日頃からカラコンは正しく取り扱い、また、乾燥を防ぐために瞳のケアもきちんとして、上手に活用していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Ange Beaute アンジュボーテの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ange Beaute アンジュボーテの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 1カ月で−9㎝! グラマラススパッツの効果がとにかく凄かった!

  • ほくろを消すメイクテクニックと除去するメリットデメリット!

  • 意外と知らない?!顔の脂肪がつきやすい原因は普段の生活に隠れていた!

  • 知らないと損をする!太ももの前側が痩せない原因!!

関連記事

  • 迷ったらこれ。失敗しない今人気のカラコン3色!