1. TOP
  2. 悩み
  3. エストロゲンを1か月で劇的に増やす方法!!

エストロゲンを1か月で劇的に増やす方法!!

 2018/06/30 悩み
  453 Views

女性ホルモンの一種であるエストロゲン。

女性には欠かせない「美容」にも大切な役割を果たしています。

エストロゲンは、年齢とともに減少する傾向があります。

「女性ホルモンが重要な役割」ということは、なんとなく知ってる方も多いかと思いますが、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、エストロゲンとは何なのか?

また、エストロゲンを増やす方法についてまとめましたので紹介します。

是非、参考にしてみてください。

エストロゲンとは?

エストロゲンとは女性には欠かせないホルモンの一つで「乳房や乳腺の発達」「肌や髪の毛をツヤツヤにする働き」「自律神経や集中力・記憶力」など、女性ならではの体を作るためにとても重要な役割があります。

また、女性ホルモンには「エストロゲン」「プロテスゲロン」の二種類の女性ホルモンがあり、いずれも卵巣から分泌されるのが特徴です。

エストロゲンには増減するリズムがある

エストロゲンは、月経と大きく比例しています。

月経が始まる思春期頃から分泌が増加し始めるのが特徴です。

その後、もっとも安定するのが20代~30代と言われています。

また40代後半になるにつれて急激にエストロゲンの分泌量が減り、女性ホルモンが少なくなり閉経するという流れになります。

なので40代後半になると、女性ホルモンが急激になくなることで、身体が不調になるため「更年期障害」が起きます。

エストロゲン分泌量が少ないとどうなる?

エストロゲンは生理が終わったあとから排卵までに分泌量が増加します。

この間は、エストロゲンの分泌量が豊富のため、からだやお肌の調子や精神面も安定しています。

エストロゲンの分泌量が少ないとどういった影響があるかというと「自律神経が乱れ、イライラしたりする」「肌や髪の毛のツヤがなくなる」「認知症などのリスクが高くなる」「生理不順」「不正出血」など、女性にとって健康であるためには女性ホルモンはかかせないものになっています。

なので、できる限り女性ホルモンのバランスが崩れないようにすることが必要です。

エストロゲンを増やす方法

ではいったい、エストロゲンの増やす方法はどういった方法を使えば増えるのか?

こちらの方法をまとめましたので紹介します。

普段の生活を少し改善するだけでエストロゲンに効果があるので、これを参考に初めてみてください。

≪バランスのとれた食事≫

バランスのとれた食事を心がけることは言うまでもありません。

女性の場合、ダイエットをしている方も多く、炭水化物抜きダイエット・置き換えダイエットなどと偏食しがちな方も多いのではないでしょうか?

食事の栄養バランスが悪くなってしまうと、女性ホルモンにも悪い影響を与えてしまいます。

栄養バランスが悪くならないためにも、中でもオススメとされているものが、納豆や豆腐などの大豆・発酵食品やごぼうなどの食物繊維を多く含んだ食べ物です。

肉・魚・野菜・大豆・炭水化物などとバランスよく食べることを心がけてください。

また、基本的に和食中心がよいされています。

≪ストレスを溜めない・趣味の時間をつくる≫

女性ホルモンは、ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れてしまいます。

そうならないためにも、趣味などの自分自身が没頭できる時間をつくり、ストレスを出来るだけ溜めないようにリラックスできる時間をとるように心がけてください。

≪睡眠≫

こちらも睡眠不足や不規則な生活を過ごしていると、からだによくないことはもちろんですが、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい悪い影響を与えてしまいます。

最低でも睡眠時間は7時間確保するように心がけ、寝る直前はスマホなど触らないようにしましょう。

また、寝る直前の熱湯でのお風呂もよくありません。

しかし、お風呂は身体を温めることでリラックス効果があります。

なので、寝る直前のお風呂は避けできる限りシャワーでなく、湯舟に浸かるようにしてください。

≪からだを動かす・運動する≫

適度にからだを動かしたり、運動したりすることで血行がよくなり女性ホルモンにもいい影響があります。

自宅で簡単にできるストレッチでも効果があります。そのほかに、ヨガなどもオススメです。

からだを動かすことで気分転換にもなるので一石二鳥です。簡単に始められるストレッチから挑戦してみてはいかがでしょうか?

≪からだを冷やさない≫

女性は冷え性で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

女性の天敵ともいえる「冷え」です。

からだを冷やすことで、血行が悪くなり女性ホルモンにも悪影響を与えてしまいます。

また女性は、オシャレをするうえでヒールやストッキングなど欠かせないアイテムの一つでありますが、これらも冷えやすくする原因となります。
血行が悪くならないためにも、からだを温めることが大切です。

中でもオススメなのが、足湯と半身浴をする方法です。

下半身の血流がよくなり、からだ全身が温まってくるのでオススメです。

≪ドキドキ・わくわくする≫

女性ホルモンには、ドキドキしたりわくわくしたりするとドーパミンというホルモンが分泌されます。

このドーパミンが大量に分泌されることにより、エストロゲンの分泌もよくなり女性ホルモンによい影響を与えます。

よく聞く「恋をすると綺麗になる」というのはこういうことです。

また恋だけではなく、ドキドキやわくわくが感じられる映画や漫画を見ることでもドーパミンは分泌されます。

また、ドキドキやわくわくを感じることにより、髪の毛のツヤや肌の潤いやスベスベの肌になるのです。

≪サプリメントで増やす≫

エストロゲンを増やして女性らしい体づくりを目的とする場合、大豆イソフラボンを摂取することが有名ですが、大豆イソフラボンを摂取しても、それが体内で「エクオール」に変換(生産)されなければ、効果を得られません。

サプリメントを飲むことにより本来体内で変換(生産)されるエクオール成分を、そのまま摂取できます。

エストロゲンを日々の生活以外で増やしたいのならサプリメントが効率がいいと思います。

サプリメントなら簡単に摂取でき、手間がかからないので比較的短期間で増やすことができます。

 

 

 

 

女性ホルモンを乱す食べ物がある

なかには女性ホルモンを乱してしまう食べ物があることはご存知でしょうか?

普段、みなさんもよく口にしているものです。では、いったいどういった食べ物が女性ホルモンを乱してしまうのか紹介します。

これらを摂取する際は、適度な量を心がけて下さい。

≪インスタント食品≫

誰もがついつい簡単に作れて便利なので利用している方は多いのではないでしょうか?

インスタント食品はとりすぎてしまうと、からだの中で必要なミネラルを奪い取り、ミネラル不足に陥ることがあります。

その結果、女性ホルモンにも悪い影響を与えてしまいます。そうならないためにも、インスタント食品のとりすぎには十分に気を付ける必要があります。

≪冷たい食べ物≫

夏はアイスクリームやかき氷など冷たい食べ物が美味しい季節です。

ですが、冷たい食べ物をとりすぎると、からだが自然に冷え自律神経の働きにも影響を及ぼすことがあります。

こちらも、冷たい食べ物のとりすぎには十分気を付ける必要があります。

★まとめ

今回は、エストロゲンの増やし方について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

エストロゲンは、女性らしいからだを作るためには大切な役割をしています。

ストレスや疲労・過度なダイエットは女性ホルモンのバランスが崩れる原因となるので気を付けることが必要です。

また、規則正しい生活をすることで女性ホルモンにもよい影響があります。

普段の生活習慣を少し見直してみることで、女性ホルモンも増やすことができます。

これらを参考に、できることから挑戦してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

Ange Beaute アンジュボーテの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ange Beaute アンジュボーテの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 1カ月で−9㎝! グラマラススパッツの効果がとにかく凄かった!

  • ほくろを消すメイクテクニックと除去するメリットデメリット!

  • 意外と知らない?!顔の脂肪がつきやすい原因は普段の生活に隠れていた!

  • 知らないと損をする!太ももの前側が痩せない原因!!

関連記事

  • デコルテに吹き出物が出来てしまった時の治し方!!

  • デコルテ・背中ニキビを退治してキレイな肌を手に入れる方法!!

  • ヒールでつま先が痛くなる!!そんな方もこれで大丈夫!!

  • 永久保存版!職場恋愛の全てとアプローチ法3STEP!

  • 自分では見えない背中ニキビ! 意外と目立つ首ニキビ!!

  • 膝の黒ずみの原因や治す方法は?日々の膝ケアで目指せ膝美人!!